劇団千年王國『スワチャントッド』

久々のさっぽろのーと更新。
なにせ純粋に観客として芝居を観ること自体久しぶりなのだ。
そんなこんなで、久しぶりのレビュー。

劇団千年王國『スワチャントッド』@コンカリーニョ

【あらすじ】
北国のみなとまち。

漁船で海を漂う男たちに、陸の家族からのこまごまとした伝言をモールス信号で送る姉妹のもとへ
家庭教師のトッカがやってくる。
言葉を使わずモールスの符号を使っておしゃべりする妹とその先生になったトッカは
トントン・ツーのモールスから進化した、スワチャントッドのリズムを見つけはじめる。
そのリズムを偶然受信した電話交換師は、スワチャントッドのリズムが打たれたその日、
街で1件の殺人事件が起こらなかった事実を伝えに姉妹の住まいを尋ね
1件の死刑執行を止めてくれるように依頼する・・・

リズムアンサンブルの楽曲と共に
スワチャントッドのリズムを探して港をめぐる、音楽周遊劇。
(チラシより引用)


※あ、ごめんなさい。以下、ちょこっとネタバレあります。
劇団千年王國は前回公演『イザナキとイザナミ』を演出家コンクールで観て以来2度め。本公演を観るのは今回が初めて。
コンカリの無機質な空間の中央部に、まるで祭壇のようにしつらえてある舞台。こうして見ると、無機質なはずのこの空間に、何かが息づいているように感じられるから不思議。

日常に溢れるさまざまな音、普段ならば“ノイズ”として耳には入ってこないはずのそれらの音が、突然“音楽”を奏で始める。そして気がつくとそれは“音楽”から“言葉”になり、“言葉”から“思い”になっている。
どこかSTOMPや北野武版『座頭一』、そして去年のTIFでやっていた『モローラ --灰--』(台本・演出=ヤエル・ファーバー)にも共通する部分があるけれども、“音楽”が“言語(モールス)”になるという点で、かなり趣の違う作風だ。

モールスで会話する姉(チネン:村上水緒)と妹(チキタ:榮田佳子)。そこへ外部から家庭教師としてやってくる(トッカ:かとうしゅうや)。モールスを使ってコミュニケーションを行うチキタに対し、どこか違和感を拭えないトッカだったが、次第にその中にある言葉に気づきはじめ・・・
戯曲としてみれば、かなり複雑な人間関係が描かれていて、それを言葉少なに描くもんだから余計わからない。
けれど不思議なことに、それはあんまり気にならない。むしろ最後になって奏でられる“音”が、それを理屈以上に語ってくれたような、そんな気さえする。

チキタの奏でるリズムが、とてもシンプルだけれどもものすごく力強い。
言葉にしたらこぼれ落ちてしまうものまで、全部ひっくるめて(リズムとして)吐き出しているような感じ、といえばわかりいいだろうか。
序盤、ひたすらに言葉を追っているうちはとっつきにくかったのだが、次第に芝居を耳で楽しむことに慣れ、それからは芝居にスーッと入り込めた。そして最後はリズムも芝居も急速に締まり、ダイナミックな仕掛けも相まって、安心とも感動ともつかない、言葉にならない感情が込み上げてきた。

再び観る機会があれば、次は目隠しをして観に行こう。
テイレシアスのように、今まで見えなかった新たなものが見えてくるに違いない。

劇場からの帰り道、地下鉄の走る音、傘を地面に叩き付ける音、世間が奏でるリズムにしばし耳を傾けてみた。
なんだか、世界は思ったより饒舌だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KOKAMI@network『僕たちの好きだった革命』

東京乾電池『長屋紳士録』札幌公演、大好評のうちに無事終了致しました。
お越し下さったみなさま、誠にありがとうございます。

いやぁ、現地での制作の仕事っちゅうのは、いわゆる劇団の制作ともまた違うんだねぇ〜
今回はそういう意味ですんごく勉強なった。もう身体と脳に叩き込まれたね、いろんな痛みと一緒に・・・
慣れない仕事に右往左往し、それでも周りの力を借りてようやくなんとかなった。

ひとまず公演が終わり(といっても、明後日にTPSの公演を控えているのだけれど)、今日は久々の観劇。

KOKAMI@network『僕たちの好きだった革命』@道新ホール

●あらすじ
激動の1969年、高校2年生だった山崎義孝(中村雅俊)は、校庭で自分たちの自由な文化祭の開催を宣言していた。ところが、突然機動隊の催涙弾を受けて意識を失い、長い眠りに陥ってしまった。30年もの長い年月を経た1999年、彼は目を覚ました。そして、高校2年への再入学を決意したのだった。
そこで出会ったのは、小野未来(片瀬那奈)や日比野篤志(塩谷瞬)、高島希(森田彩華)といった現代を生きる高校生たちだった。彼らは文化祭に憧れのラッパー(GAKU−MC)をゲストに迎えたいと願っていたが、学校側はそれを禁じていた。なんとか呼びたい・・・そんな思いをこらえてしまうみんなの気持ちを見つめる山崎。やがて・・・。(thirdstage.comより)


小さい頃、中村雅俊が出るドラマはやけに熱心に見ていた、何故かは知らないが。今思うと、不思議とハマっていた記憶がある。
最近あまり露出が少なくなり、忘れていたところもあったのだけれど、今回の舞台の主演で、しかも高校生役というニュースを聞きつけ、ふいに当時の記憶が甦った。私はなぜか中村雅俊が好きだ。

で、サードステージの舞台もまた、俺にとって思い出深く、久しぶりだ。
自分も都内の大学生のご多分にもれず、芝居を始めた当初、サークルの先輩たちから第三舞台の洗礼を受け芝居の世界にはまっていった身。第三舞台を封印中の現在でも、やっぱりサードステージ作品は気になるのよ。
加えて今作には大高洋夫や長野里美など、第三舞台全盛の頃のメンバーが出演するってんだから、気にならないはずがないっしょ。

※以下、一部ネタバレが含まれる箇所があります。

開演前から、ロビーにいきなり機動隊。そして機動隊なのに随分親切に席を教えてくれる(笑) 怖いんだか優しいんだか。
中村雅俊の学ラン姿。
見事なまでに違和感がある。むしろ違和感しかない。
最初見たときには思わず「ブッ!!!」とわかり易いくらいに吹き出してしまったのだが、アラ不思議、芝居の進行とともに違和感どころか「やっぱり中村雅俊は学ランじゃなくっちゃ〜」と意味不明な確信すら持ち始める。芝居の魔力か!?

『僕たちの好きだった革命』というタイトル通り、学生運動に関しての描写や革命がどうのという件はけっこう出てくるのだが、作品として革命的かと問われたら答えは「NO」だろう。むしろあらゆる演劇的な趣向をこらした、初めての人でも楽しめる上質な作品だ。
タイトルから、第三舞台時代のようなパワフルで過激なものを想像していたのだが、そういう意味では若干肩すかしをくらったような気がしないでもない。

それでも、作り手側の強い意志みたいなものが感じられるのは確かで、それは俺が昔『朝日のような夕日を連れて』を観て感じたときの頭を揺さぶられるような感じとは微妙に違うのだけれど、それ以上にシンプルで強力なメッセージみたいなものをぶつけられたように感じた。
それは学生運動に限ったことじゃなく、もっとシンプルな、生きることだの、そういった部分にまで及んでいて、見終わった後もそれを考えないではいられないような、不思議な強制力がいまも俺の頭の中に働いている。

この間NODA MAP『ロープ』を観た時といい、あの世代の演劇人たちなぜ今になって、こうも強いメッセージを表現し始めたのだろう。両者とも、演劇の中身はすごくシンプルになっているのに、意思の強さというか、そのイメージは逆に鮮烈に映し出されてきているようだ。

世の中に対し、どういうイメージを持ち、どう関わっていくのか・・・漠然とだけれども、いまそういうことを考えさせられている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イナダ組「イナダ祭り」

2月10日19:00の回観劇

この公演はイナダ組の番外公演で、イナダ組メンバーのほか、ゴールデンキラーズ、イレブン☆ナイン代表の納谷真大さんが参加して、日替わりで全3作品を上演するというもの。
イレブン☆ナインの前回公演「イージー・ライアー」が印象に残っていたため、気になって足を運ぶ。

ちなみに3演目の詳細は以下の通り、
◆赤チーム『慌テズニ急イデ』◆
作・演出/納谷真大
出演者/ 武田晋・山村素絵・渡辺香奈子・古崎瑛美・野村大・菊池英登・イナダ

◆白チーム『うさぎちゃん頑張ったね!』◆
作・演出/江田由紀浩
出演者/ 佐藤慶太・小島達子・宮田碧・高田豊・高橋真人

◆青チーム『西荻キャンディーガールの女』◆
作/武田晋 演出/イナダ
出演者/ 亀井健・山田マサル・高井ヒロシ・松岡春奈・剣谷哲哉・渚・本間未紗・浅野顕


私が観た回は赤・白チームの2作品を上演。
赤チーム『慌テズニ急イデ』
囚人たちの日常と、そこに入り込んでくる些細な変化。そしてそこから始まる大きな変化。終わらない日常みたいなのが延々と描かれる不条理チックな作品かと思いきや、後半はダイナミックな展開を見せ、クライマックスへと向っていく。イレブン☆ナイン代表の納谷真大さんの作品というだけあって、スタンダードだが安心して観られるという印象。多分芝居を初めて観るという方でも存分に楽しめる作品じゃないかなぁ。

そして2本目、
白チーム『うさぎちゃん頑張ったね!』
コスプレあり水着あり、おむつあり(?)の父と子の愛憎劇!?
愛憎劇みたいな形をとっているが、そこには誰一人としてマトモな人間がいない。誰もがネジのずれた人たちばかり。そんなんで父と子の愛憎劇やっちゃったもんだから、茫漠たるカオスが・・・
つま先から髪の毛の一本一本に至るまで“破綻”が満ち満ちている。
「わかろうと思ったら負けだ!」そう自分に言い聞かせて、目の前の混沌に目を凝らす・・・が、目の前に水着!!! 目のやり場に困る。
マニアックな楽しみ方が出来る人には非常にオススメしたい一品。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RUSH!!「Who Are You ? Who Am I ?Ⅱ」

2月10日16:30の回観劇
RUSH!!初観劇。

ごく普通のサラリーマン。だが、彼には一部過去の記憶が抜けている部分がある。
そんな彼が失った過去やアイデンティティを探して自分の精神世界へ・・・そこには生きてきた中で彼自身が創り出した、さまざまな“自分”がいた。

内容として少し青臭さの残る感は否めない。ただし、脇を固める役者さんはけっこう“粒”揃い(とくに男性陣)。主宰である高橋逸人(たかはしはやと)さんや男鎌田真吾(おかまだしんご)さんなど、役者個人としては面白いのだが、周りから浮いてる。個人的にはこれくらいやってほしいのだが、周りとの温度差が少し残念。
そして如何せん主人公がカタイ。台詞のテンポが悪く、なんだかもどかしくなる。
役者さんたちはとても印象に残ったのだけれど・・・男鎌田さん、異常なまでのキレがすごい。もっと彼のパフォーマンスをみてみたい(笑)

●RUSH!!
http://rush.playgoer.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)