« ホルガにハマる | トップページ | B plan 1st day —カエル祭り、そして砂地— »

札幌選抜、だってね

Aeb53cbd

札幌選抜、とかいうと何か背中の辺りがむず痒くなったりするが・・・・・・そうなんですねぇ。

札幌の劇場“コンカリーニョ”スタッフの小室氏のブログにて“この春、札幌の2つの劇団と、1人の演出家が、東京で演劇公演を行います。”という記事が。

うん、そうなんですよ。実はそうだったんです。いろんな縁が重なって、3ヶ月連続で札幌の劇団が東京公演を行う運びとなったんです。

まぁ、東京でやったからってどうだってわけでもないんだけれども、道外で、しかもそれなりの規模でやるってことには、それぞれ確固たる意義があるような気がするんですわな。
細かい解説は小室氏のブログに詳細が載っているのでソチラに譲るとして、3人とも自分がここに来るまでにものすごく影響を受けた人たちだ。
この人たちの芝居観て、バカに感動してトチ狂って札幌来てしまって、そんで東京公演だってアタフタしてんだわ。

いやぁ、初めて休暇願い使ったね。ホントは仕事の方でも来月に公演2本だの年度末の諸々だの控えてて、そんな簡単に抜けていいもんじゃないのだが・・・・・・ホントに感謝しとります。

さて、札幌選抜。
切り込み隊SKGは明日から開幕致します。
2月と4月、ちょうど切り込み隊&しんがりですよ。
3月には千年王國と北川さんがきっとアーティスティックに素敵な劇空間を繰り広げてくれることでしょう。
2月と4月はそれとは対極的に、疾走感と焦燥感たっぷりにSKGが突っ走る。
何せ4月は『桜襲』、新撰組モチーフですからね。
桜の季節にぴったりのタイトル、そして新撰組。
どうなるんでしょうね〜・・・・・って、スタッフ側のオレが言うとネガティブにも受け取られるからアレだけども。
華やかにとはいかないまでも、人類が初めて月に降り立ったときのような、地味な一歩になればいいなと思っとります。

さて、これより1ヶ月ぶりに東京へ。
焦燥感と同窓会気分が同姓する不思議な気分の中で、雪で飛行機が遅れやしないかとソワソワしながら旅立ちます。


札幌選抜、まもなく幕が上がります。今しばらくお待ちください。

●制作雑記「札幌選抜、春。」
http://blog.livedoor.jp/komuroakiko/archives/50875697.html

|

« ホルガにハマる | トップページ | B plan 1st day —カエル祭り、そして砂地— »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 札幌選抜、だってね:

« ホルガにハマる | トップページ | B plan 1st day —カエル祭り、そして砂地— »